誘自性の高い色

ものの見え方は明度差(コントラスト)の強弱によってその強さが決 まるが、色には注目されやすい色とそうでない色とがある。注目されやすい色のことを誘自性の高い色と呼びます。誘目性の高い色とは無彩色よりも有彩色、寒色よりも暖色、彩度の低い色よりも彩度の高い色とされ、もっとも誘目性の高い色は彩度の高い純色の赤である。 誘目性の高い色は小面積でも注目されやすいので、アクセント色 として使われることが多い。また、赤色光はスペクトルのなかで波 長が長くて屈折率が低い。水蒸気の粒子に入射しても屈折によっ て散乱されにくいので、霧でも遠くまで光が届くことから、信号機や 車のテールランプには赤色が使われている。

1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です