色の三属性

一般に類似した色相で配色をまとめれば上品なイメージとなり、異なる色相の色を使えばにぎやかなイメージになる。しかし実際には、 類似した色相だけを使うとさびしく感じたり、異なる色を使いすぎて煩 わしく感じることも多い。 配色のバランスを保つには、色の三属性のUnity( 共通性)と. Contrast( 対比)が重要となる。つねに色の三属性の中でどれかひ とつの性質を共通させるのがポイントだ。たとえば、全体を赤でまとめ た配色は色相が共通しているが、明度や彩度を対比させることでさ びしさは軽減される。色相の対比の強い配色では、共通のトーンを 使うことで配色にまとまりができる。どのようなイメージの配色でも、共 通性と対比によって隣接する色の関係を保ち、表現したいイメージ によってそれぞれのバランスをコントロールすればよい。

1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です