イメージを明確にする

「イメージを明確にすること」、これこそが配色を考えるうえでもっとも重要になってくる行為だと考えている。獏然と配色を行っても自分が思っているイメージを明確に伝達することはできないはずだ。具体的にイメージを考えているのであれば、比較的短時間で色を決めることが出来るが、アバウトなイメージしかないときやはっきりしないイメージしかわかないとなると配色を考えるのがより難しくなるだろう。

次にイメージを顕在化させる方法を考えていきたい。その方法とは、企業イメージを調査する時に使われる手法のSD法と同じ感じで、対比する色に関係する概念を基準軸上で対峙させ、キーワードでイメージと配色の方向を明確にする手法が採用される。

コメントする